2006年2月24日 (金)

キャンセルデー

2006

今日は金曜日で、いつも午後から混む日。
にもかかわらず、今日はキャンセルの患者さんが多く、午後のスタートの1時間半の間に3人しか来られませんでした。

普段の日は30分間に2人か3人の予約が入っているので1/3のペースだな。
たまにはいいか、まあ、のんびりやろう・・・。

普段は忙しくて(いいわけかな)整理整頓できていない院長室をかたづけたり、読んでいない資料に目を通したり。それでも時間があまってちょっと天井を眺めたりして・・・。

そうこうしているうちに4時になったら、おこさまたちがどーっと押しよせて待合室は幼稚園状態。
今日は一段とすごいです。男の子が多かったからかな?子供はパワーが違う!圧倒されたりして。

ここの近所の保育園、幼稚園に通っている子供たちがお母さん、兄弟姉妹たちと3、4人ずつ一緒にやって来ます。ご近所で知り合いだったり、子供どうしお友達になったり、ゲーム機を取り合ったりで大混乱!

1人ずつ、どんどん治療していって落ちつかせていきます。治療中も今日幼稚園であったこととか、新しいおもちゃを見せてもらったりとか診察以外でもいろいろ時間がかかるのです!それがおもしろいところだけど・・・。

泣いてた子も、おみやげのふうせんをもらって帰っていく、泣き止んでおとなしくなったら、なんと静かになることか!
お母さんたち、毎日忙しい最中、連れて通ってきてくれてむし歯予防に取り組んでくれ、ありがたいことです!その熱意に負けぬよう答えていかねば!

午後からもキャンセルがとびとびに続いて、こんな日もあるんだな~。日ごろの半分も診察してないかも。

これは神様がくれた休憩の日か?はたまた、油断するなよという忠告の日か・・・? 
ちょっと心配になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

医療 | 日記・コラム・つぶやき